ジェネリック医薬品は先発薬と同等の効果を低価格で得ることができるという点などメリットが非常に多い医薬品です。

ジェネリック医薬品はメリットだけの良いとこ取り

ああああああ ジェネリック医薬品(後発医薬品)は、特許が切れた新薬(先発医薬品)と同じ成分、製法、用量を用いて製造された医薬品のことで、その有効性も新薬と同等の効果・作用が確認されています。

先発医薬品に基づき製造されているので、薬の開発費用が抑えられることから新薬に比べて安い価格で市場に出すことができるのが特徴です。

ただ、今現在日本ではジェネリック医薬品の需給率が約20%と非常に少ないので、その需給率の低さから一般的に正しい認識が広まっているとは言いにくく、その存在自体に懸念を抱いている人が存在するのも事実です。

需給率の少なさが影響して一般の方の間では認識されていないのは仕方がないにしても、実際にはその有効性が認められており、尚且つ安く購入し服用できることは証明されているわけですので、もっと普及が進んでも良いのではないかというのが正直な印象です。

先進国の中でもとても低い需給率

ジェネリック医薬品 なぜ日本では僅か15%の需給率にとどまっているのでしょうか?

ここでアメリカを比較対象にして説明しましょう。
アメリカでのジェネリック医薬品の需給率は60%を超えています。

その理由としてはアメリカは日本のような医療保険制度がないことから医療費はすべて自己負担のため、費用を抑えることができる部分はなるべく抑えるというのがアメリカ国民の考え方で、その心理が一番の理由と言えます。

逆に、日本は医療制度が充実していることもあり、保険適用外の治療でもない限りは患者自身の負担は3割程度で大きな負担とはなり得ません。

そのため患者自ら医療費を抑えようと考えるということはあまり一般化していないのです。

また、医師や薬剤師の間でジェネリック医薬品に対して品質、効果、安全性などの信頼が獲得できていないという問題があるため、医師が診察などを行った際に患者に対しジェネリック医薬品を進めたがらないという現状です。

誤解の回避

ああああああ 先述でも記載しましたが医師や薬剤師から信頼を獲得していない、認めていないと聞くと、やはり危険なのでは?という考えを一般の人が持ってしまっているという事も現状とても多いですが、これは誤解です。

最近では、これは単に医師や薬剤師の知識不足にしかすぎないのではないか?という見方が強まってきています。

というのも、ジェネリック医薬品の存在は国の厚生労働省がすでに認可しており、実際に国内で少なからず服用されているという事実があるからです。

国の厚生労働省が認めているジェネリック医薬品に対し医師や薬剤師が認めない…なんだか変な話のように感じませんか?

医師も厚生労働省が免許を発行しているのであって、厚生労働省が決めた事に対しては従順であるべきであるというのが当クリニックの考え方です。

ジェネリック医薬品はメリットだけの良いとこ取り

ジェネリック医薬品は、新薬同様に厚生労働省の許可を得て製造・販売をすることが義務となっていり、許可なく製造・販売することは違法です。

つまり、有効性は国が認めているということですので、合法的に製造されており、危険なものでは全くありません。

今後は高齢化社会も進み、家庭でかかる医療費も増えることが予測されます。

いくら保険適用ができるとはいえ長きに渡り病気の治療を行えばどんどん医療費は膨れ上がっていくので、安全で価格が安いお薬を服用して費用を軽減させるということはとても重要な事といえます。

メインメニュー
バイアグラ
有効成分:シルデナフィルクエン酸塩
バイアグラ
50mg × 4錠 ¥5,400
100mg × 4錠 ¥5,800
スーパーカマグラ
有効成分:シルデナフィル+ダポキセチン
スーパーカマグラ
160mg × 4錠 ¥1,950
アグラゴールド
有効成分:シルデナフィル
アグラゴールド
100mg × 4錠 ¥1,350